起業のミッション・ビジョンを発掘する3ステップ

魂震えるミッションの見つけ方

ミッション・ビジョンとは?

あなたは「人生の目的」について考えたことはありますか?

何のために仕事をしているのか。
誰のために生きているのか。
その人をどうするために生きているのか。

これらの答えが見つかると、
「やりたい!」という強烈なモチベーションが溢れ出てきます。
そして、周りの心を動かす求心力を発揮し始めます。
これが、幸運を引き寄せるエンジンになるんです。

この状態を実現するには

ミッション(果たすべき使命)
ビジョン(理想の将来像)

を言語化する必要があります。

ミッション・ビジョン言語化のメリット

ミッション・ビジョンを言語化すると様々なメリットが期待できます。
今回は4つのメリットについて説明していきます。

これらを実現できれば、好きなことして
価値観合う大好きな人たちに貢献しながら
愛・お金・自由を得ることが可能になってきます。

自分が輝くポジションが見つかる

ミッション・ビジョンを見つけることができれば、
自分が輝く天職となるポジションが見つかります。

天職ポジションが見つかると、
情熱を持って没頭できる自分の得意なこと」で
どんどん人に貢献できるようになってきます。

また、やりようによっては
ライバルと共存共栄しながら発展していくポジションがわかってきます。
なので、「みんながハッピー」な状態を実現することができるんです。

こうなると、仕事自体に対するストレスは皆無になってきます。

人間関係のストレスがなくなる

ミッション・ビジョンをストーリーとして語ることができれば、
価値観合う仲間や顧客がそれに共感し、あなたの元に集まってきます。

つまり、あなたと価値観合う大好きな人たちを引き寄せることができるんです。
あなたは毎日、応援したい好きな人を相手にして仕事していくのみです。
なので、人間関係のストレスが無くなってきます。

収入が増える

ミッション・ビジョンに沿って働くようになると、
それは情熱を持てる好きなことなので自然と成果が出やすくなります。

好きなことだから、それを磨くための勉強やアウトプットを
苦労することなく継続できるようになります。
なので、成果に伴い収入も上がりやすくなります。

ホンダの創業者である本田宗一郎は
「得手に帆をあげて生きるのが最上の人生である」と述べています。
何事も、自分が得意なことに生きるのが成功の秘訣みたいですね。

ストレスが減り健康的になる

上記のようにいろんなストレスがなくなってくるため、
心身ともに健康になってきます。

なので、風邪もひきづらくなってくるし、
毎日をエネルギッシュに楽しく過ごすことができるようになってきます。

そうやってどんどん活動していれば、やっぱり成果が出てお金も人脈も好転してきます。
結局これらの基盤は健康なので、一番大事なことかもしれませんね。

ミッション・ビジョン言語化の手順

では、ミッション・ビジョンを言語化する方法ついて述べていきたいと思います。
これらを探す順番って「これ!」といった決まりはないと思いますが
オススメはビジョンから探してミッションを後で決める方法です。
以下で順番に述べていきます。

価値観を集める

まずは自分の潜在意識に眠る価値観を探していきます。

「自分はどう生きたいか?」
「何を実現したいか?」
「どんな人と生きていきたいのか?」

などが価値観に当たります。

これらを見つけるには、過去史や未来史が使えます。
過去史の場合、幼少期から現在に至るまでの印象的な出来事を詳細に書いていき

① 具体的なシーン
② その時感じた具体的な感情(心のセリフ)
③ なぜそう感じたのか?

を書き出していきます。
この③が価値観にあたります。

例えば、「高校部活動の大会で優勝して嬉しかった」という経験から掘る時とき、
具体的にどのシーンでどんな感情を感じたのかが重要になってきます。

人によっては優勝した瞬間に大きな達成感を感じたのかもしれませんし、
別の人では、試合に勝った後応援団の元に戻ったときに
みんなが喜ぶ顔を見て嬉しくなったのかもしれません。

前者は「自己鍛錬して成果を得ること」に価値を見出しているかもしれません。
後者は「自分の働きで人を喜ばせること」に価値を見出しているかもしれません。

同じ優勝した経験でも、両者ではベクトルが違いますよね。
なので、「具体的なシーンと具体的な感情」を書き出していくことが大事になってきます。

自分で見つけれない場合、
やはりプロのコーチに頼むのがいちばん手っ取り早いです。

未来史から価値観を見つける場合、理想の1日を描くワークが有効です。
10年後や20年後、理想の人生を歩んでいるとしたら、自分はどんな1日を過ごしているのか?

それを朝から具体的に描いていきましょう。

どんな家に誰と住んでて
どんな服を着て
誰とどんな仕事をしているのか?

これらを朝から順番にイメージしていき
ノートに書き写します。

そして、そこから連想されるテーマを抽出していくと
あなたが潜在意識に抱いている価値観が発掘されていきます。

これらのワークで見つかった価値観をもとに、ビジョンを明確化していきます。

ビジョンの明確化

集まった価値観を使ってビジョンを見つけていきます。

あなたの潜在意識にあった価値観に沿って生きると
どうなっていくのかを連鎖してイメージしましょう。
の価値観を体現していくと、自分はどんな状態になっていきますか?

そして、自分が変わると、周りの家族や仲間たちはどう変わっていきますか?
その変化が社会に広がっていくと、社会はどんな状態になりますか?

このように、価値観を「個人」から「社会」に抽象化していくことにより
最終的なビジョンを探していきます。

例えば過去史で「自分の好きなように生きたい」といった価値観が見つかったら
その通りに生きたらどうなっていくかを分析していきます。

自分が好きに生きたら、自分が元気輝くし
自分が元気輝いたら、周りも明るすることができる。

そんな感じで周りが明るくなると、
周りの人たちも「自分の人生を生きよう」と思い始めるかもしれない。

これをどんどん抽象化していくと
「多くの人が自分の価値観に沿って輝きながら生きる社会」
みたいなビジョンが見つかってくるかもしれません。

これがすごく気分の良い文言なら、ビジョンとして掲げて良いと思います。

ミッションの発掘

ビジョンが見つかったら、いかにしてそこにたどり着くのか
今の時代に求められる自分の役割は何かを探していきます。

自分の強み、顧客が求めるニーズ、ライバルとなる競合他社との関係を見ながら
「自分だからこそ」といえる役割を探していくんです。

自分の強み発掘

自分の強みは

・好きで没頭できたことは何か
・他人が簡単に真似できないことは何か
・ずっと継続してやってきたことは何か
・人によく褒められること、感謝されることは何か
100兆円の貯金があったら何をするか

といった質問にたくさん答えることによって見つかってきます。

顧客のニーズ分析

こうした強みを踏まえて、
ビジョンに向かうために貢献すべき人物像をざっくり選定していきます。

そして、その人物像の人たちが何に悩んでいて、
どういった欲求を抱いているのかを調べていきます。

すると、その人たちのニーズが見えてきます。
これが今の時代に求められていることになりますね。

ライバル分析

自分の強みとニーズがわかったら、最後はライバルとの相関を見ていきます。

自分が強みとし、ニーズとして求められていることで、ライバルがやっていないことは何か?
これを考えるのが「あなただからこそ」といえるミッションを見つける最大のコツです。

例えば、
「結婚とキャリアで悩むアラサー女性の相談でよく感謝される」
「潜在意識の話が好きでよく勉強してきた」
といった自分の強みがあるのであれば

潜在意識を活用して
結婚とキャリアの両立に悩むアラサー女性を
本音の価値観に沿った理想の人生に導く

といったミッションが作れるかもしれません。

このようにして、ビジョンとミッションを言語化していきます。

まとめ

■自分が果たすべき使命、目的がミッション
■将来実現したい社会の状態がビジョン
■これまでの人生で培ってきた意志や、これからどう生きたいかという意志からビジョンを見つける
■自分の強み・ニーズ・ライバルとの関係を比較しながら、ビジョンに到達するための役割をミッションとして言語化する

以上、ミッション・ビジョンを言語化して人生の目的を見つける3ステップでした。
これらを言語化できると、本当に生きがいと楽しさを毎日味わえる人生になってきます。
ストレスもなくなって健康的になるし、収入増加も大いに期待できます。
ぜひ時間をとってワークをやってみてくださいね。


魂が震えるようなミッションを発掘し
それを売れる高額セッションに変え
ロジカルに月100万円を安定化する科学について
こちらの完全無料Webセミナーで後悔しています。

もっと詳しい情報を知りたい!という方は
ぜひ読んでみてくださいね。

無料Webセミナーの詳細を見る